Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月21日

怪我人続いたドルトムント、カストロとラモスが練習復帰

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_3464
主力選手の怪我人が続出し、野戦病院化していたボルシア・ドルトムントだが、徐々に光明がみえてきた。

木曜午後からのチーム練習に、アドリアン・ラモスとゴンザロ・カストロの2選手が復帰を果たしている。

火曜日に行われたリスボン戦では、代表参加中に負傷したウカシュ・ピシュチェクとソクラテスが復帰をはたしており、ドルトムントには徐々にだが光明が見えて来た格好だ。

カストロは代表選前に筋損傷を抱え、そしてラモスは筋肉系の問題により、ここまで欠場が続いている。

ただし土曜日の試合に出場可能かどうかについては、両選手ともにまだ不透明となったままだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker