Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月19日

ロイス軽傷、バイエルン戦での復帰は見送りへ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1479470387
恥骨炎の炎症により長期離脱が続いているマルコ・ロイス。

しかし既にチーム練習に参加し、本来ならばバイエルン戦でのメンバー復帰も期待されていたのだが、しかしかかとに負傷を抱えたため、カムバックが延期されたことが明らかとなった。

ドルトムントは金曜日に、「マルコ・ロイスはかかとに軽い問題を抱えました。我々としては非常に長期にわたる離脱後ということもあり、リスクを避けたいと考えております」と報告している。

2年前のブラジルワールドカップでは最終メンバーに入りながらも、直前に行われたアルメニア代表とのテストマッチで足首に重傷を負い、大会不参加を余儀なくされていた同選手。

だがこの夏のユーロ2016では、27歳の自身の誕生日に行われたメンバーからも負傷のために外れており、ここまで復帰を目指して取り組んでいるところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker