Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月30日

香川真司は個人練習、ベンダーは順調に回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auba800-1480425126
週末のフランクフルト戦での敗戦後には、「技術面でも戦術面でも精神面でも不足していた」と苦言を呈していたトーマス・トゥヘル監督だが、二日間の休養ののちにスタートした今週最初の練習では、いい雰囲気のなかでリラックスしながら、特に戦術面には取り組まずにバスケットボールなどのトレーニングを行った。

先週のCLで2得点1アシストを活躍をみせた香川だが、その一方で今年の9月から足首の負傷に悩まされており、トゥヘル監督も「真司はなかなか痛みから完全に解放されないんだ。それは彼のプレーをみれば気づくだろう」と語った。

そのなかにはミケル・メリーノ(病気)、ラファエル・ゲレイロと香川真司(個人練習)、ユリアン・ヴァイグル(調整)、そしてロマン・ビュルキ(手の骨折)の姿が見られなかったのだが、その一方で今夏のリオ五輪で足を負傷し、ここまで離脱が続くスウェン・ベンダーの姿が見られている。

アグレッシブかつフィジカルな守備のオールラウンダーの存在は、まさに今のドルトムントが求めているものであるが、先週から徐々に練習量を増やしてきており、明らかに復帰が近づいてきているところだ。


ボルシア・ドルトムントの最新ニュース

  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker