ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月11日

バイエルン指揮官、ラームとX・アロンソの引退惜しむ「彼らにタイトルを」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が、今シーズン限りでの現役引退を表明している元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム、元スペイン代表MFシャビ・アロンソについてコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

アンチェロッティ監督は、8日に引退を発表したX・アロンソについて「彼の決断を尊重しなければいけない」とコメント。「我々は素晴らしいMFを失うことになる。彼を指導できたことは、私にとって幸運だったよ。彼は偉大な選手で、素晴らしい人間だ」と、引退を惜しんだ。

そして同監督は、ラームを含めた2選手について以下のように続けた。

「だが、我々にはまだ3カ月残っている。彼とフィリップのために、そしてクラブのために、タイトルを獲得できるように努力する」

バイエルンは次戦、11日のブンデスリーガ第24節で日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトと対戦する。

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報