ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月24日

香川、2年ぶり代表復帰の今野に脱帽「チームで一番素晴らしい選手だった」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表を2-0で下した。

 日本は開始14分、酒井宏樹からのスルーパスでエリア内右に抜け出した久保裕也が右足のシュートを蹴り込み、先制に成功。後半に入って51分には、約2年ぶりの代表復帰となった今野泰幸が貴重な追加点を挙げ、2-0で勝利を収めた。

 同試合に先発出場した香川真司(ドルトムント)は、フル出場でゴールを挙げるなど勝利に貢献した今野について、「チームで一番素晴らしいプレーヤーだった」と絶賛し、プレーを称えた。

「12人ぶんっていったら変ですけど、すごい運動量で、得点も取ったし、本当にすごい。すごいとしか言いようがないですし、今のサッカーに今ちゃんのスタイルはすごく生きていると思う。経験であったり、プレースタイルは今のサッカーに欠かせないというか、やはり脱帽ですね」

 試合については「本当に勝利が大事で、それ以外考えられなかったし、みんながハードワークした結果の勝利だと思います。守備に関しては規律通りにつぶせていたので、そこはすごく大きかったですし、そこまでビッグチャンスを与えずに戦えた中で先制点が生まれて、効率よく戦えたと思います」と、守備からリズムを掴むことができたと振り返った。

 また、自身のプレーについて、「中盤のディフェンスでやはり相手をしっかり捕まえること、オマルを警戒することを言われていた。あとは攻撃になった時にカウンター、あるいはポゼッションでどこまで崩せるかというのがあったんですけど、ポゼッションがなかなかできなかった中で取れた2点は狙い通りだったと思います」と、守備を意識していたことを明かした。



きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報