ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月26日

激しいポジション争いに挑む香川「自分の個性を生かせるようにこだわりたい」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は26日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、埼玉県内でトレーニングを行った。インサイドハーフのポジションでUAE代表戦に先発出場した香川真司が、タイ戦に向けた抱負を語っている。

 香川は28日に控えるタイ戦について「次の試合はボールを保持した中で、逆に課題としている戦いがあると思っているので、そこに対してどう戦うかという意味では、(UAE代表戦とは)また違った戦いになるかなと思っています」と展望。「2次予選、最終予選を含めて、どこのチームもそうですけど、苦労すると思っているので。そのチャンス、得点を奪う形をもっともっと俺たちは共有していかないといけないと思っているので、それが大事になってくると思います」と今後に向けてのポイントを語った。

 その得点を奪うという方法については「いろんなイメージはしていきたいですし、簡単に崩せる相手ではないと思っているので。セットプレーもそうですし、前線からプレスをかけた中でのカウンターもそうですし、いろんな形があってもいいんじゃないかと。一番は自分たちがどうやって戦っていくのか、それは積極的に、そういうメンタリティを持ってやることが何より結果につながると思っています」とコメントした。

「今の競争はすごく激しいと思っているし、誰も自分のポジションを確立している選手はいないというか、結果を残さないと評価されないですし、どんどん入れ替わる世界だと思っているので。誰しも結果を求められると思っているし、そこのフォーカスではなくて、しっかりとやるべきことをやるということを重視した中で結果がついてくると思っています。まずは勝つことが何より大事なので、それにしっかりと自分の個性を生かしていけるように、こだわっていきたいと思います」と意気込んだ。



きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報