ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月29日

「正直ホッとした」…ゴールで不安を払拭した香川「W杯を自分たちのものに」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表は28日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選第7戦でタイ代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。先制ゴールを挙げたMF香川真司(ドルトムント)は試合後の取材で、「正直ホッとした」と明かしている。

 開始8分、右サイドを抜け出したFW久保裕也(ヘント)の折り返しをゴール前で受けた香川は、キックフェイントで相手DF2人のタイミングをずらすと、右足のシュートを流し込んだ。

 まずは自身のゴールについて、「うまくかわして決めたのかなと思います。裕也が右サイドで抜けた時に、入るタイミングをすこしずらして入ったら、岡ちゃんがうまくニアで潰れてくれたので。いい時間帯に取れて、タイミングを含めていいゴールだったのかなと思います」と満足感を示す。

 そして、「個人的には、常に結果が求められる中で出せていなかったので、この2連戦で必ず残さないといけない、そういう気持ちはありました。攻撃の選手はそういう気持ちがあると思いますけど、そういう意味では、ホッとしてるところは正直あります」と、プレッシャーを感じながらプレーするなかでのゴールに胸をなでおろした。

 所属するドルトムントで好パフォーマンスを披露してからの代表合流となったことで、周囲からは期待する声もあがっていたが、「それまでほとんど出ていなかったので、不安の方がどちらかというと大きかった」という。それでも、「自分自身が折れてはいけないと思っていたので、どんな状況であっても弱音を吐いたり、下を向く必要はない」と前向きな気持で臨んだ香川は、「経験のある選手、年齢が上の選手がどんな状況であろうと前を向いて戦っていかないといけないと感じていたので、それをこれからもやり続けたい。ワールドカップを自分たちのものにしていきたいです」と力強く語った。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報