ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月11日

CLモナコ戦に向け、香川真司らは「復帰する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tuch8-1491836563
週末に行われた注目の対決、バイエルン・ミュンヘン戦では1−4と完敗を喫したボルシア・ドルトムント。特に分析など行わなかったトーマス・トゥヘル監督は、その理由について「そこに意味などない」と述べ、「とにかく忘れることだ」との考えを示した。

なお、そのバイエルン戦では、筋肉系の問題により香川真司、ユリアン・ヴァイグル、さらには先日契約延長が発表されたばかりのウカシュ・ピシュチェクも欠場を余儀なくされたが、チャンピオンズリーグ準々決勝モナコ戦のファーストレグに向けて、指揮官は「復帰を見込んでいる」とコメント。

一方で、筋損傷により5週間の離脱にあるマルコ・ロイスについては、「もしもメンバー入りできるのであれば、出場するチャンスはあるということだ」と、復帰について明言は避けている。

また今回対戦するモナコの印象については、「素晴らしい個人の才能」があり、「とてもいい闘争心」を持ち合わせ、「非常に総合力がある」と評価。試合についてはどちらに転がるかはわからないとの見方を示しつつ、「彼らはリーグで首位にたち、自信を胸に戦いに臨んでくる。我々は4度の素晴らしい前後半が必要だ」と警戒心をみせた。

主審はオルサート氏


今回の試合で主審を務めるのは、ダニエーレ・オルサート氏。今季はドイツ勢の試合としては、GL初戦のレヴァークーゼンvsCSKA戦をさばいており、メーメディのオフサイドを見逃したほか、対人戦でもしっかりとした判断ができておらず、kicker採点4.0と低調なパフォーマンスに終わっている。

なお先日バクーにて行われた、ワールドカップ予選アゼルバイジャンvsドイツ代表戦でも審判員を勤めており、この時はkicker採点2をマーク。特にこの試合では、ドルトムントのアンドレ・シュールレが2得点をマークする活躍を見せているものの、しかしながら今回の試合では負傷により欠場が確定しているところだ。

先発予想:ビュルキ – ピシュチェク, ソクラテス, バルトラ, シュメルツァ – ヴァイグル – デンベレ, 香川真司, ゲレイロ, C. プリシッチ – オーバメヤン


  • ブンデスリーガ・各チーム情報