ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月12日

爆発時、負傷したバルトラの隣りにいたGKビュルキ「みんなショックだった」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのスイス代表GKロマン・ビュルキが、チームバスを襲った爆発時の状況を語った。スイス紙『Blick』が11日に報じた。

 ドルトムントは同日に行われる予定だったチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのモナコ戦に向けて、スタジアムへ移動していたところ、チームバスを3度の爆発が襲った。この爆発で窓ガラスが破損し、スペイン代表DFマルク・バルトラが腕と足に軽いケガを負い、病院へ運び込まれている。

「バスの後方でマルク・バルトラの隣に座っていた」というビュルキは、「午後7時15分にホテルを出発し、バスが大通りに出たときに大きな爆発が起きた」と当時の状況を説明している。

「爆発のあと、みんなバスの中で身をかがめ、できる人は床に伏せていた。(爆発が)続くか分からなかった。警察がすぐに現場に来てくれて、みんな安全だった。僕らはみんなショックを受け、そのときは誰も試合のことを考えていなかった」

 延期となった試合は、現地時間で翌12日18:45(日本時間25:45/13日午前1:45)に開催される。




きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報