ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月13日

香川真司が1G1A【ドルトムント2−3モナコ】

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kagawa-1492022680
マン・オブ・ザ・マッチキリアン・ムバッペ(FW:ASモナコ)

【得点】
0−1:キリアン・ムバッペ(19分、ルマー)
0−2:S,ベンダー(38分OG、ラッギ)
1−2:デンベレ(57分、香川真司)
1−3:キリアン・ムバッペ(39分、)
2−3:香川真司(84分、シャヒン)

【試合スタッツ】
香川真司:フル出場、1得点、1アシスト
(シュート数2、アシスト性のパス3、タッチ数52、対人戦勝率50%、パス成功率86%)

bvbp-1492030597
【試合後コメント】
ユリアン・ヴァイグル(MF:ドルトムント)
本来のような、リラックスした状態ではプレーすることができなかった。

トーマス・トゥヘル(監督:ドルトムント)
先制点のオフサイドについては、あれはしっかりと見ておいてくれないと。後半からのプリシッチの投入については、相手の左SBと1vs1を積極的にしかけ、プレッシャーを与えたかった。後半からは試合に入っていき、(名物である)南側の立ち見席の壁にむかってプレーすることで、気持ちを切り替えてサッカーに集中することへの大きな助けとなってくれたよ。ただ2度のオウンゴールと1度のオフサイドのゴールで失点をしては、我々にはツキがなかったと言わざるを得ないさ。ただこの試合では、選手たちはとても意欲を求められ、そしてそれを実際に見せることができていたと思う。できればベストの状態で戦いたかったさ、CLという夢のために戦っているのだから。

ヌリ・シャヒン(MFドルトムント)
2点は、僕たちにとってとても価値のあったものだと思う。セカンドレグはもちろん大きなタスクとなってしまったけど、でもまだ折り返し地点。2−3という状況なんだ。結果をまつのみだよ。僕たちはこれからも信じる気持ちを失わずに、努力しつづけていく。サッカーがとても大切なものだということはわかっているし、ここで戦わなくてはならないこともわかっている。でも僕たちが人間であることも忘れないでほしい。

CL8-11CL8-12


  • ブンデスリーガ・各チーム情報