ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月14日

ロイス、フランクフルト戦で先発復帰か。バルトラは4週間の離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1492098231
火曜日のCL8強モナコ戦1stレグの開始1時間半前に、チームバスが爆発物によって攻撃され、マーク・バルトラが腕や手首を負傷。それから24時間たたないうちにモナコ戦が開催されるなど、めまぐるしい時間を過ごしてきたボルシア・ドルトムント。

そして木曜日には普段通りに、週末の試合に向けて練習場でトレーニングが行われていたのだが、今回の試合では3月はじめのレヴァークーゼン戦で大腿筋裏に筋損傷を抱えたマルコ・ロイスの復帰がみこまれているところだ。

もしも金曜日に行われる最終調整で特に問題がなければ、ドイツ代表MFは6週間ぶりに実践復帰を果たすことになり、トーマス・トゥヘル監督も「マルコが土曜日に先発する」可能性を示唆。「彼は多くのエネルギーを解き放つことだろう」と期待感を示した。

ただその一方でドルトムントでは、ゴンザロ・カストロが内転筋に問題をかかえており、さらにラファエル・ゲレイロとクリスチャン・プリシッチがモナコ戦で軽傷。ヌリ・シャヒンとエムレ・モアは軽い風邪をひいているとのことで、金曜の最終調整での様子を見守ることになる。

またバス爆発により右手首の骨折と、欠片を除去する手術を受けていたマーク・バルトラについては、復帰までには4週間かかるとの見通しがクラブ側より発表されているものの、同選手自身は「新記録を樹立する」と回復に向けて意欲的な姿をみせており、指揮官も「週末にはギプスをつけてでもプレーしたいのだろうがね」と笑顔を見せた。

フランクフルト戦先発予想:ビュルキ – ピシュチェク, ソクラテス, シュメルツァ – パスラック, ヴァイグル, カストロ, ゲレイロ – 香川真司, デンベレ – オーバメヤン


  • ブンデスリーガ・各チーム情報