ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月28日

バス爆破事件で負傷のバルトラが順調な回復を報告…ドルトカラーのギブス披露

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグのモナコ戦に向かっていたドルトムントのチームバスが爆破された事件で、負傷したスペイン代表DFマルク・バルトラが自身のSNSで順調な回復を報告し、チームカラーのギブス姿を披露した。大手メディア『ESPN』が伝えている。

 ドルトムントのチームバスは、11日に行われる予定だったモナコ戦のスタジアムに向かう途中で3度の爆発に襲われた。バルトラが右手首の骨折と診断され、ガラスの破片を取り除くための手術を受けていた。その後15日に、ドルトムント市内の病院から退院。自宅療養に専念し、復帰までには4週間を要すると見られている。

 バルトラは28日に自身のツイッターとインスタグラムを更新し、チームカラーの黒と黄色に彩られたギブス姿を披露。「ここまでの回復に満足しているよ。これまでの成果が嬉しいし、できるだけ早く復帰のためのハードワークに取り組みたい」と復帰への強い意志を明かした。

 ドルトムントはブンデスリーガの30試合を終えて、16勝8分6敗で3位。26日に行われたDFBポカール準決勝のバイエルン戦では、3-2で大一番を制した。5月27日に行われる決勝で、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトと対戦する。
きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報