ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月09日

加熱するトゥヘル監督問題:会長はCEOを支持、選手から匿名で不満も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tuchel800-1494263545
最近のボルシア・ドルトムントでは、監督問題がさらにヒートアップしてきている。先日のホッフェンハイム戦後にはハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOがトーマス・トゥヘル監督との「意見の相違」について認めており、さらにラインハルト・ラウバル会長もこれを支持。また匿名ながら、ドルトムントの選手からの不満の声が噴き出した。

来シーズンも引き続き、トーマス・トゥヘル監督はボルシア・ドルトムントの監督を務めているのだろうか?その決断はシーズン終了後に行われると見られており、ヴァツケCEOは「いつもどおりに分析を行うことになるし、基本的には戦術面やコミュニケーション、信頼といった様々なテーマについて話し合うよ」とコメント。しかし最近数日の動きをみると、そのような流れにはならないかもしれない。

4ヶ月前から同氏とトゥヘル監督との間ではギクシャクした関係ではあったのだが、CLモナコ戦1stレグ開始直前にチームバスが爆発物によって襲われながら翌日開催となったことについて、開催の意義を主張したヴァツケ氏とは異なり、トゥヘル監督はむしろ批判を述べ、「無力さ」を感じると発言。

このことについて土曜日の試合開始前にヴァツケCEOは、「意見の相違があった」ことを正式に認め、あのときの決断にあたっては「3つの選択肢しか残されていなかったんだ。すぐに試合を行うか、0−3という結果にして次の試合を行うか、それとも大会を辞退するのかね」と説明しており、さらに「そして後者2つの選択肢についても熟慮したのだが、一人だけでそれを決断するにはあまりにも大きな問題だからね。でも後者を希望する声はどこからも聞かれなかった、翌日も」と明かしている。

「朝のミーティングで選手それぞれが出場について決断してもいいとも話した。そこではプレーできないという話はでなかったし、午後にだっていうことはできただろう」そう言葉をつづけたヴァツケ氏は、「当然それは監督自身でも判断できたさ。そこに疑問などない。しかしそういったことは、ただの一度さえなかったんだ」と、「無力感」を訴えたトゥヘル監督の発言に対する反論を展開した。

一方のトゥヘル監督は、このことについて質問を受けると「こんなに大切な日の、非常に大切なテーマだよね」と皮肉まじりに返しつつ、自身の正当性についてあえて訴えるようなことはしなかったのだが、同氏の代理人は「我々の希望はドルトムントに残ること。そして状況の沈静化をはかることです。これによりトーマスがダメージを受けないことが大切で、彼は物事を非常にはっきりというタイプですが、”意見の相違”をうまく解決したいと思います」とコメント。

しかし日曜日にラウバル会長はヴァツケCEOの「全面支持」を表明しており、「彼はいかなる困難なときでも、数年に渡って自分のことではなくクラブ第一で取り組んでくれた人物。彼に対して信頼を抱くべきだ」との考えをみせている。

加えて匿名ながら、南ドイツ新聞はドルトムントの選手が「たとえ賞賛を受けても、次節のベンチ外も覚悟しておかなくてはならない」と語ったことを伝えており、さらに「それに1試合のうちに何度もシステムを変えたり、試合の45分の間に2度も戦術を変えたり、普通はそんなことはありえないよ」との発言も掲載した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報