ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月14日

ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが足首を骨折!コンフェデ杯、ポカール決勝不参加へ

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

weigl_800-1494691408
ボルシア・ドルトムント、そしてユリアン・ヴァイグルにとってとてもつらい知らせが届いた。土曜日に行われたアウグスブルク戦にて21歳の若きドイツ代表MFが負傷。その後の検査の結果、足首を骨折していることが明らかとなり、これから3・4ヶ月の離脱が見込まれているという。

これによりブンデス最終節のみならず、ポカール決勝、さらにはコンフェデ杯への参加も見送られることとなった。

前半20分に相手DFクノッヘとの対人戦で足首をひねった同選手は、その後に治療を受けたもののそのまま担架でピッチを後にしており、そのまま病院へと搬送された。そしてその結果、足首の骨折が伝えられている。

今季ヴァイグルはここまでブンデス30試合に出場(通算60試合)、自身にとってブンデス1部での得点とアシストはこのまま来季へと持ち越されることになっており、kicker採点平均では今季3.34をマークしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報