ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月28日

香川、笑顔で優勝トロフィーを掲げる…タイトル獲得にフル出場で貢献

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DFBポカール決勝が27日に行われ、MF長谷部誠の所属するフランクフルトと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川は先発出場、長谷部は負傷によりメンバー外となった。

 試合開始早々の8分、ドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレが先制点を奪取。しかしその後の28分、フランクフルトのクロアチア代表FWアンテ・レビッチが同点ゴールを決め試合を振り出しに戻す。前半を折り返した67分、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、相手の意表をつくチップキックでPKを成功。このPKが決勝点となり、ドルトムントが2-1でカップ戦優勝を決めた。

 同試合に先発フル出場した香川は、ドルトムントにとって5年ぶりのタイトルに貢献。試合後に香川は『ツイッター』上で喜びを爆発させた。香川が投稿した画像には、カメラに向かって勢いよく吠えている画像のほか、満面の笑みで優勝トロフィーを高々と掲げる香川を見ることができる。



 なお、ドルトムントはすでにチャンピオンズリーグ出場権を獲得しているため、カップ戦覇者に与えられるEL出場権は繰り下がりとなる。ブンデスリーガ6位で終えた日本代表MF原口元気所属のヘルタ・ベルリンは本戦からの出場が決まり、予選3回戦からの出場権は7位のフライブルクに渡った。



きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報