ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月08日

シリア戦負傷交代の香川は「左肩関節前方脱臼」…全治や離脱は発表されず

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦で負傷交代した日本代表MF香川真司(ドルトムント)の診断結果を発表した。

 香川は同試合に先発出場したが、開始わずか7分に相手選手と球際の攻防の際に転倒して左肩を負傷。そのままプレー再開は不可能となり、肩を固定された状態で、担架で運び出され、10分に倉田秋(ガンバ大阪)と交代となった。

 その後、病院で検査を受けた結果、「左肩関節前方脱臼」と診断されている。全治などの詳細は明かされていないが、このまま離脱を強いられる可能性もある。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報