ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月12日

初陣で4部相手にドルトムント敗戦、ボシュ監督「悪かった」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テストマッチ:エッセン(4部相当)vsドルトムント

【得点経過】

1−0:バイアー(3分)
1ー1:オーバメヤン(30分、トプラク)
2−1:バイアー(40分)
3−1:プラツェク(61分、グルンド)
3−2:デンベレ(64分、PK)

【試合後コメント】

監督:ペーター・ボシュ

…ドルトムントでは黒星発進となりました。失望されていますか?
当然だ。ドルトムントは4部相当を相手にしたら常に勝利を納めなくてはならない。これは彼らの方が長く練習しているとか、そう言うことで決して変わるようなものではないよ。あれは悪いものだったと思うね。

…準備期間での第1ステージという段階で疲労も影響したのでは?
言い訳となる理由を探したいとは思わない。我々はとにかくもっといいものを見せなくてはならないんだ。前半ではあまりにもスローだったし、十分なアグレッシブさがみられなかったよ。後半ではいくつかのチャンスを作り出してはいたのだが、しかし総じてみていいものだったとはいえないさ。

…木曜日からはドルトムントは、アジアツアーへと出発します。できることならこちらでもっと多くの練習を行いたいという考えでは?
私が加入した時点でこのプログラムは組み込まれていたし、私にとっても問題ではない。私自身も日本で2年間プレーした経験をもっているし、あそこがどれくらい熱いか理解しているよ。

【先発】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報