ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月09日

ドルトムント、デンベレ売却の条件は1億2000万ユーロ

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どうやらバルセロナはウスマン・デンベレの獲得に向けて本気モードのようだ。スペインの複数のメディアが伝えたところによれば、同選手の獲得に向けてバルセロナの代表者らがドルトムントへ向かっているという。

そのうちの一人は、重要な交渉では欠かせない存在のラウル・サニジェリ氏だ。バルセロナでは競技部門の代表を務め、交渉の達人として知られた人物であり、かつてネイマール獲得のためブラジルに飛んだ同氏は、今回はデンベレ獲得のためにドルトムントへ向かった。

そのほかの2名はオスカー・グラウCEOとハビエル・ボルダス理事であり、さらにフィリペ・コウチーニョ獲得に向けリヴァプールにも向かうようだが、しかしながらこちらには売却の意思はない模様。ただしドルトムント側については、kickerが得た情報によれば1億2000万ユーロならば応じる構えとみられる。

もしもこの金額で実現となれば、昨季にブンデス1年目で6得点13アシストを記録した20歳のフランス代表は、先日のネイマールの2億2200万ユーロにつづく、世界2 位の移籍金にてバルサ入りを果たすことになるが、果たして・・・?