ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月23日

ドルトFWオーバメヤン、レアルへの移籍破談に「正直失望した」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドルトムントを退団しレアル・マドリードへの移籍が近づいていたガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは、破談になった移籍への思いを明らかにした。22日付でイギリスメディア『デイリーメール』が報じている。

 昨シーズン、31ゴールを挙げてブンデスリーガ得点王に輝いたオーバメヤンは、レアル・マドリードへの移籍希望を明言し、クラブにトランスファーリクエストを提出していた。しかし移籍は叶わず、ドイツに残ることが決まっている。

 オーバメヤンは「もう移籍することは夢じゃない。レアル・マドリードと話すことはこれ以上ないよ」とコメントし、同クラブが獲得しようとしなかったことを明かした。

 続けて「人々は僕のことを過小評価しているけど、自分の価値を示していくしかないね。何も起こらなかったことに関しては正直失望しているけれど、努力を続けるしかない。何も問題はないし、ここに残れて幸せだよ」と胸中を打ち明けた。

 また、獲得が噂された古巣であるミランにも触れ「彼らとはよく話し合い、いいオファーがあった。とても興味をひくプロジェクトだったけど実現しなかったね」とドルトムント退団が近づいていたことを明かしている。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報