ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月27日

ドルトムント、レアルにホーム初黒星…ベイル豪快弾&C・ロナ2発に屈しCL2連敗

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が26日に行われ、グループHで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとレアル・マドリードが対戦した。香川はベンチスタートとなった。

 ホームで王者レアル相手に通算3勝3分の無敗を誇るドルトムント。この日も立ち上がりから攻勢を見せていたが、18分に豪快な一撃を浴びてレアルに先制を許す。敵陣中央からダニエル・カルバハルがピンポイントのクロスを送ると、ペナルティエリア内左に走り込んだフリーのギャレス・ベイルが左足ダイレクトボレー。豪快なシュートはゴール右上隅に突き刺さり、レアルが先制に成功した。

 1点ビハインドで折り返したドルトムントは後半開始直後の46分、アンドリー・ヤルモレンコがマリオ・ゲッツェからの浮き球スルーパスでエリア内右に抜け出し、頭で折り返す。中央にピエール・エメリク・オーバメヤンが走り込んだが、直前でラファエル・ヴァランにクリアされ、シュートまで持ち込めない。

 すると50分、逆にレアルに追加点を許す。左サイドを抜けたベイルがグラウンダーのクロスを送ると、中央のクリスティアーノ・ロナウドが左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 しかし、ドルトムントも直後にゴールを奪い、反撃の狼煙を上げる。54分、ゴンサロ・カストロが左サイドからクロスを送ると、中央のオーバメヤンが右足で合わせて1点を返した。60分にはヌリ・シャヒンとジェレミー・トリアンを下げて、ユリアン・ヴァイグルとマフムド・ダフードを送り出す。

 ドルトムントは67分、左サイドのゲッツェが浮き球スルーパスを送ると、エリア内左に走り込んだオーバメヤンがわずかに触るが、シュートは枠の左に逸れる。一方、追加点を狙うレアルも75分にイスコが左サイドから中央に切り込んで右足を振り抜くが、シュートはGKロマン・ビュルキの好セーブに阻まれた。

 76分、レアルはイスコをマルコ・アセンシオに変更。ドルトムントもゲッツェに代えてクリスティアン・プリシッチを投入し、交代枠を使い切った。

 79分、レアルがドルトムントを突き放す。C・ロナウドがルカ・モドリッチのスルーパスでエリア内右に抜け出し、右足を一閃。強烈なシュートをニアのゴール右隅に叩き込み、再びリードを2点に戻した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントは1-3で敗れてCL2連敗。ホームでレアルに初黒星を喫した。勝利したレアルは前節のアポエル戦に続く3ゴールで2連勝。なお、香川には出番は回ってこなかった。

 次節は10月17日に行われ、ドルトムントは敵地でアポエルと、レアル・マドリードはホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 1-3 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 18分 ギャレス・ベイル(レアル)
0-2 50分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
1-2 54分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-3 79分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報