ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月08日

香川真司が得た感覚…トップ下より「インサイドハーフのほうがフィットする」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「インサイドハーフのほうがよりフィットする感覚は得ている」。6日のニュージーランド代表戦にトップ下で先発出場したMF香川真司(ドルトムント)が、自身のプレーするポジションについて語った。

 10日にキリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦する日本代表は8日、日産スタジアムでトレーニングを行った。

 練習後の取材エリアに姿を現した香川は「相手どうこうではなくチームがトライすること。個人のアピールも大事ですけど、そこには常にチームがあるので、組織と個が融合するように。各々が整理して臨めればいいかなと思います」と2日後に迫った試合に向けてコメントした。

 ニュージーランド戦ではトップ下で先発。前半立ち上がりにはゴール前でチャンスに絡んでいたが、決定機を逸するなど結果を残すことはできず、60分にピッチを退いた。改めて試合を振り返った香川は、インサイドハーフでプレーすることが自身にとっても、チームのバランスを考えた上でも効果的だと主張する。

「僕は正直、インサイドハーフのほうがよりフィットするのかなという感覚は得ているので、そういうのも試していければと。もちろん監督が決めることですけど。そのほうがバランスがいいですし、このチームで2年くらいやっていて、それは常に感じています」

 希望通りにインサイドハーフでの起用となるかは別として、ハイチ戦に出場すれば国際Aマッチ89試合に到達する。これはFW三浦知良(横浜FC)と並ぶ偉大な数字だ。

「本当に1試合1試合の積み重ねだと思いますし、そういう意味では次の試合も、出たら必ずいい仕事ができるように。いつもと同じ1試合だと思うので、しっかり準備してまた積み重ねていけたらいいのかなと思います」。あくまでも平常心で臨むつもりの香川真司。ハイチ戦では、彼がどのポジションで起用されるのかにも注目したい。


きんg