ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月18日

ジェイドン・サンチョの離脱に苦言を呈する英U23監督

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日火曜日のドイツ時間16時半より、イングランドではU17ワールドカップにて日本戦に臨むイングランド代表。しかしながらそこにはジェイドン・サンチョの姿は見られない。サンチョはドルトムントU19とともに、APOELニコシアとのユースリーグに出場するのだ。

このことについて、イングランド代表のスティーブ・クーパー監督は「彼自身にとっても失望していることだろう。ワールドカップの舞台に立つことが叶わなかったのだ。ここまで楽しんでプレーしていたというのにね。このチームでプレーすることは、彼にとって特別なことなんだ。チームを後にしなくてはならないことは前年だよ」と、イングランド・サッカー協会の公式ページにてコメント。「ドルトムントがそれでも復帰させるということは、つまりは週末のブンデス1部の試合で出場する可能性でもあるということなのだろう。」と言葉を続けた。

しかしながらそもそもイングランド・サッカー協会との話し合いが行われていたからではないのだろうか?少なくとも今夏は個人練習で調整をつづけていた同選手にはまだ時間が必要であり、クーパー監督の見通しのように出場する可能性はおそらくはないだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報