ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月22日

香川、2点差追い付かれてのドローは「妥当」…長谷部は「自分のミス」を反省

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第9節が21日に行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトが同代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦した。長谷部は先発出場。香川は58分から途中出場している。

 試合はアウェイのドルトムントが先に2点を奪ったものの、その後フランクフルトが2ゴールを記録し、ドローに終わっている。ブンデスリーガ首位のドルトムントは直近の公式戦3試合で勝ち星なしとなった。日本代表では同僚の長谷部と香川が、取材に応じている。

 まず、2点リードの状況から途中出場した香川は「終わり方としては残念ですけど、試合内容を見ると、妥当な結果ではあると思っています」とコメントすると、「何より裏一本でやられたところがあったんで、そこは試合終了まで修正できていなかったのかなと思います」と試合中の修正を課題に挙げた。また、「セカンドボール」が拾えていなかったことも振り返り悔やんだ。

 チームの状況に関しては、「安定したプレーが見せられていないのは事実です」と語ると「相手にも研究されている中で、ここが乗り越えないといけないところ」と強気なコメント。そして「勝てていないと少し自信であったり、勢いというのは落ちていく部分はある。改めて1勝を取れるようにやり続けていくだけだし、もう一回チームとしてしっかりと準備していく必要はあると思います」と次に意気込んだ。

 一方、2点ビハインドから追い付いたフランクフルトの長谷部は「0-2から追いついたっていうのはチームとしては評価できるかなと思いますけど、個人的には1失点目も自分のミスでしたし、2失点目もシュートを打った選手にもう少し良い対応ができたと思うので、失点の部分で個人的にはやられてしまったかなというのはあります」と失点シーンを振り返った。

 また、「チームとしては前半から狙い通りのゲームをして多くのチャンスを作っていましたから、決めるっていうところがもう少し課題かなと思います」と得点力を課題に挙げると、「難しいゲームではありましたけど、こういう試合を勝ちきれるか勝ちきれないかで自分たちが上に行けるか行けないかっていうのは変わってくるんじゃないかと思います」と上を向いた。

 次節28日に、フランクフルトは日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと、ドルトムントはハノーファーと対戦する。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報