ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月04日

ドルトムントのボシュ監督「バイエルン戦を活かして軌道修正を」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


開幕から5試合で無失点を継続し、さらに7節目終了時点では勝ち点差5を2位バイエルンにつけ、単独首位に立っていたボルシア・ドルトムント。そしてバイエルンはユップ・ハインケス監督へと交代を行うことになったのだが、しかしそれ以降の公式戦では3部マグデブルク相手のわずかに1勝。リーグ戦ではバイエルンにかわされ、逆に勝ち点差3の2位にまで落ち込んでいる。

特にペーター・ボシュ監督への批判ポイントとなっているのが、システムのフレキシブルさとそれに伴うリスクマネジメント、失点の多さなどにあり、先日行われたチャンピオンズリーグAPOEL戦では、2試合つづけて痛恨のドローを演じ事実上CL敗退がほぼ確定した。

そんな周囲の声に対して、ペーター・ボシュ監督は「母国オランダでも、こういったことは経験済みだよ。そのときと比較できるものだと思うね。あの時もそういったことについても疑問がなされていたし、結果がなかなかついてこず、多くの失点も許してしまっていた。」とコメント。

今シーズンのこれまでの戦いについては「最初のうちは少し運に恵まれていたところがあったよ。まだ自分たちのプレーが100%の状態ではなかったんだがね。今は逆に少し運に見放されているところがある。だから最終的にみればplus minusというところではないかな。」と振り返っている。

そしてこの流れで土曜夕方には、ハインケス監督就任から全勝中の王者バイエルンとの頂上決戦ということになるが、「おそらくだが、いいタイミングのような気がするよ。こういった試合から、まだ感覚というのは変わってくるものだ。このチャンスをぜひ活かしたいと思うね」と述べ、選手たちに改めて、信じる気持ちと意欲的な戦いを求めた。「バイエルンを相手にそういう戦いができなければ、チャンスなんて生まれてこないものだよ」

ドルトムントの先発予想:ビュルキ – バルトラ, ソクラテス, トプラク, シュメルツァ – カストロ, ヴァイグル, M.ゲッツェ – ヤルモレンコ, オーバメヤン, フィリップ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報