ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月10日

クロップ監督がかつて率いたドルトムントに言及「すべてが恋しい」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がかつて率いたドルトムントについてコメントした。ドイツ紙『ビルト』が9日付で報じている。

 南アフリカのケープタウンで行われたチャリティイベントで現在もドルトムントの多くの選手と連絡を取っていると明かしたクロップ監督は次のように過去を振り返った。

「私がドルトムントで指導していた頃、彼らはまだまだ非常に若かった。私は父親のような存在だったね。指導した中で一番の成長を見せたのは(現バイエルン所属のポーランド代表FW)ロベルト・レヴァンドフスキだと思う。(ドイツ代表MF)マリオ・ゲッツェも素晴らしかった」

 取材陣に「ドルトムントの何が恋しいか?」と聞かれたクロップ監督は「すべてだよ! ドルトムントで過ごしたすべての時間が素晴らしいものだった」と答えたうえで「ドルトムントから去ったタイミングは適切だったと思う。彼らとの対戦以外で戻ることはないよ」ともコメントしリヴァプールで満足していると明かした。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報