ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月18日

「紙一重」で悔しい3連敗…香川、次節のダービーへ「何がなんでも勝つ」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第12節が17日に行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトとMF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。

 ドルトムントは開始5分にミスから失点すると、一時は同点に追いついたものの勝ち越しを許し1-2で敗れた。2試合連続で先発出場し、63分にピッチを退いた香川は試合後の取材に応じた。

「僕たちは相当意気込んでいて、アグレッシブな気持ちで臨んだが、ああいう形で試合に入ってしまった」と立ち上がりのミスを悔やんだ香川。「流れを呼び込んで同点に追いついたまではよかった。でも後半に早い時間に失点してしまったのはすごく残念」と試合を総括し、シュトゥットガルトの守備を称えた。

「相手はかなり研究してきていたと感じた。マンツーマン気味に来ていて、特に中盤でセカンドボールをうまく拾われていた。相手が先制したこともあって、非常にアグレッシブに来ていた」

 攻撃については「右サイドが数的優位やコンビネーションでうまく崩せていたので、その流れから何本かチャンスはあった」としながらも、「あとは最後の一歩が合わないというのはあった。紙一重だと思っている」とフィニッシュのところが問題だったと語った。

 リーグ戦3連敗で「悔しい結果」にはなったが、次節にはシャルケとの“ルールダービー”が控えていて、「切り替えてやるしかない」。ドルトムントはリーグ戦序盤の快進撃と対照的に勝利から見放されている。香川は「まずは(チャンピオンズリーグの)トッテナム戦」としつつ、「もう一回前を向くためにも勝ち点3を取るしかない。ホームで何がなんでも勝たないと」と浮上のきっかけにダービーでの勝利が不可欠だと語った。

 ドルトムントは21日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でトッテナムと、25日にリーグ戦13節でシャルケと対戦する。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報