ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月18日

ドルトムント主将シュメルツァー、指揮官を擁護「責任は僕らにある」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドルトムントに所属するドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーがピーター・ボス監督についてコメントした。17日、ドイツ紙『ルール・ナッハリヒテン』が伝えている。

 17日に行われたブンデスリーガ第12節でドルトムントはシュトゥットガルトに敗れ、3連敗を喫した。ここ8試合で勝利を収めたのは3部のマクデブルクを相手にしたDFBポカールの試合のみとなっており、ドイツメディアはボス監督が危機的状況にあると伝えている。

 ボス監督の責任が報じられているなか、シュメルツァーは「監督の問題ではない。ピッチに立っていたのは僕らだからね。ボス監督はチームのために全力を尽くしてくれている」と語った。

 続けて「たった5分でドタバタと失点してしまったら監督にはどうしようもないと思う。監督のことが話題に挙がるのは理解できるけど、責任は僕らにあるよ」とコメントし、ボス監督を擁護している。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報