ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月29日

ドルトムントのボシュ監督、3バックに固定か?

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これから年末までに行われるリーグ戦、チャンピオンズリーグ、そしてDFBポカール16強と、3週間にわたってハードなスケジュールが続くボルシア・ドルトムント。つまりは1週間かけて準備を行える土曜日のレヴァークーゼン戦は、新たなアプローチを行うための年内最後のチャンスだともいえるだろう。特に先日、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケ代表が語った「ミス」を取り除いていくことがまさに急務という状況だ。

周囲ではフィジカル面での不足について批判が出ているが、このことについてペーター・ボシュ監督は、「それはあまりに短絡的な考えだ」と一蹴。「そもそも開幕当初は90分間を通じてしっかりと戦えていたのだから」と説明している。

もう1つの批判のポイントでもあったシステムについては、ミヒャエル・ツォルクSDとともに分析を行なっており、どうやらボシュ監督はシャルケ戦で採用した3−4−3システムに手応えを掴んでいる模様。確かに昨シーズンでも、ドルトムントは3バックで好パフォーマンスをみせており、シャルケ戦でも前半では安定して対峙できており、有効な手段という印象は与えることはできた。






  • ブンデスリーガ・各チーム情報