ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月03日

レヴァークーゼン戦でフィリップとカストロが負傷交代

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ボルシア・ドルトムントにとって、今シーズンは運に見放されたところがしばしば見受けられるが、土曜日に行われたレヴァークーゼン戦もその例外ではなかった。この日先発メンバーに名を連ねていたマキシミリアン・フィリップが膝を負傷、このまま長期離脱に入る恐れもでてきた。

フィリップは開始からわずか4分に、相手DFヨナタン・ターとの対人戦で負傷。今の所はまだ、詳しい診断結果などは明かされていない。

さらにこの試合では前半終了間際に、ヴェンデウから受けたファウルによりゴンザロ・カストロも負傷交代を余儀なくされた。ヴェンデウに対しては、ビデオ判定の結果、退場処分が言い渡されているのだが、試合後にミヒャエル・ツォルクSDは「足首の靭帯を断裂したかもしれない」とコメント。足首が腫れ上がっているとのことで、こちらにも長期離脱の可能性がでてきてしまった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報