ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月11日

シュテーガー監督、初日からさっそく雪の洗礼

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


さっそくペーター・シュテーガー監督は、出だしから洗礼を味わうこととなった。日曜日にドルトムントにて就任会見を開いたペーター・シュテーガー監督は、さっそくその日の午後から最初の練習を行なったものの、グリーンキーパーの努力も虚しく、大雪により室内での練習を余儀なくされている。

そのため日曜日は回復をめざした軽めの調整をフィットネスルームにてこなしており、さらに指揮官は「選手たちとの話し合いを行なっていき、そしてどこに問題があり、そして短期的な改善を見込めるのはどこなのかについても聞いていく」考えを強調した。

「マインツ戦までに何かを作り上げるようなことは期待できるわけがない」そう指揮官が話すように、今回の雪の影響により、火曜日に行われる次のリーグ戦までに残された時間は、月曜日の最終調整しかない。

なおそれからドルトムントは、さらにその4日後に強豪ホッフェンハイムとのリーグ戦が行われ、そしてその5日後にはDFBポカール16強、前回優勝のドルトムントvs昨季リーグ優勝のバイエルンによる頂上決戦が待ちうけている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報