ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月18日

オーバメヤンが筋肉系の負傷で練習不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あと二日後に迫った前回優勝のボルシア・ドルトムントと、昨季リーグ王者のバイエルン・ミュンヘンによる直接対決、DFBポカール16強にむけたトレーニングでは、昨季ブンデス得点王のピエル=エメリク・オーバメヤンの姿が見受けられなかった。

同選手は軽く、筋肉系に問題を抱えているとのことで、シュテーガー監督は「リスクが高すぎるからだよ」と説明。しかしながら、バイエルン戦にむけてはどうやら特に出場が危惧されているわけではない模様。

さらにこの日の練習では、負傷により長期離脱が続いているウカシュ・ピシュチェク(膝の外側側副じん帯)とエリック・ドゥルム(臀部の手術)の2選手が姿を見せており、特に今季ドルトムントでは右サイドバックで問題を抱えていたことからも復帰が待ち望まれているところだ。

しかしながら確かにピシュチェクは、問題なくトレーニングをこなしていたとはいえ、指揮官は「まだ彼には試合は早すぎる。後半戦から彼のことは構想にいれているよ」との考えを述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報