ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月30日

独代表シュールレ、後半戦でウェストハムにレンタル移籍の可能性?

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ボルシア・メンヒェングラードバッハより、リース・オックスフォードを早期に復帰させることを発表したウェストハム・ユナイテッド。その一方で今冬の補強に向けて、すでに数多くの選手との繋がりが指摘されているところだが、そのうちの一人がボルシア・ドルトムントに所属するアンドレ・シュールレだ。

英紙ガーディアンが伝えたところによれば、ドイツ代表MFは後半戦ではプレミアリーグへレンタルという形で復帰することになるという。マインツを経て、レヴァークーゼンで飛躍を遂げた同選手は、2013年にチェルシーへと移籍。2年半の在籍期間でリーグ戦44試合に出場して11得点をマークしている。

その後はヴォルフスブルクを経て、2016年にマインツ時代の恩師トーマス・トゥヘル監督率いるボルシア・ドルトムントへと加入したものの、負傷などの影響もありここまでの1年半でリーグ戦19試合出場(2得点6アシスト)。今季にいたってはわずか227分間の出場にとどまっており、来夏に迫ったロシア・ワールドカップ出場に向け、クラブチームでの出場機会の確保が求められている状況だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報