ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月12日

後半戦初戦の相手ヴォルフスブルクは、ドルトムントのお得意様

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


5−1、5−1、3−0、3−0、ここのところドルトムントがヴォルフスブルクを相手に収めている成績だ。すくなくとも3点差以上という大差で勝利を収め続けているこの状況を、新指揮官のペーター・シュテーガー監督も継続していければと希望していることだろう。

だがヴォルフスブルクとの相性のよさは、この直近の4試合のみでいえることではない。過去41試合の対戦中最近17試合を振り返ると、ドルトムントは合計46得点をマークしており、これは1試合平均に換算して2.7得点。これほどの得点を量産している相手は、ヴォルフスブルク以外にほかにはない。

なお最後にドルトムントが敗戦を喫したのはリーグ戦ではなくDFBポカールでのこと。しかしながらそれは決勝の舞台であり、ドルトムントは国内タイトル獲得のチャンスを目前に失う結果となっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報