ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月15日

香川真司、アタランタ戦を欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前半戦ではチャンピオンズリーグGLで未勝利を喫し、後半戦からはヨーロッパリーグへと戦いの舞台を移すこととなったボルシア・ドルトムント。しかしながらこの試合では、香川真司が欠場を余儀なくされることが明らかとなった。

週末に行われたハンブルガーSV戦にて足首を負傷した日本代表MFについて、ペーター・シュテーガー監督は「今のところはあまりいい感じではない」とコメント。今回のアタランタ・ベルガモ戦での欠場を明かしている。穴埋めはドイツ代表マリオ・ゲッツェが担うことになるだろう。

その一方で復帰が近づいていることが伝えられていた主将マルセル・シュメルツァについては、「練習ではとてもいい感じだ」と指揮官。ふくらはぎの負傷から回復を果たしており「木曜に間に合うか、それとも日曜日になるかこれから見ていくことになる」と言葉をつづけている。

ヴァイグル「僕たちは欧州トップクラブの1つ」



果たしてボルシア・ドルトムントは、ヨーロッパリーグの優勝争いに名乗りをあげることができるのか?ユリアン・ヴァイグルは「僕たちは欧州内におけるビッグクラブの1つだ。目的はできるかぎり勝ち進むことにある」と、kickerに対して明言した。

CLグループリーグでの6試合ではわずか勝ち点2にとどまっており、「そのことをとても腹立たしく思う」と振り返る若きドイツ代表MFは、「だからこそ僕たちは、ヨーロッパリーグでいいところをみせなくてはならないんだ」と意気込みをみせている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報