ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月10日

ピシュチェク復調、香川真司はあと数週間離脱

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜日に控えるアイントラハト・フランクフルト戦を前に、ペーター・シュテーガー監督は「コヴァチ監督がここまでみせている仕事ぶりを非常にリスペクトしている」と評価。試合にむけてはアグレッシブさや規律、対人戦での姿勢など「求められるところがある」との考えを強調した。

なお負担を考慮して木曜日のザルツブルク戦では大事をとったウカシュ・ピシュチェクについては、「いまは出場できる状態にある」とのこと。その一方でこの試合の観客席に、負傷している足を保護する靴を装着していた香川真司については、まだこれから2・3週間の離脱が見込まれているところだ。

またその木曜日に行われたELザルツブルク戦では、ホームに詰め掛けた大観衆の前で精彩をかいたプレーを露呈。今季6敗目となる本拠地での敗戦を喫している。
「何人かの選手たちと話し合いを行なった」と明かしたペーター・シュテーガー監督は、「浮き沈みの激しいシーズン」という状況において、再び安定感を継続させていくにはまだ時間が必要だとの見方を示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報