ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月17日

シュテーガー監督、指示を無視したゲッツェに苦言

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


静かにヨーロッパリーグの舞台から姿を消したボルシア・ドルトムント。ザルツブルクとの第2戦ではいいところなく無得点ドロー。それも今回の敗戦をより重くさせるものだとおえるだろう。

さらにこれで欧州リーグにおいて、ドルトムントはアウェイ戦8試合で未勝利ということになり、これはクラブ史上初という屈辱だ。またペーター・シュテーガー監督にとっては、ケルンにつづいて、1シーズンで2度目のヨーロッパリーグ敗退というおまけもついており、試合後「私はどの立場で話せばいいのかわからないよ。人としてなのか、監督としてなのか、オーストリア人としてなのか、ドイツで働くオーストリア人監督がオーストリアのクラブに負けたということなのか。」と語った。

なお試合の内容については、「とにかく失望している」と述べており、「我々がチームに期待していた土台というもの、勝利への意欲というものが見られなかった。精力的にな姿勢や素早い動き、アグレッシブさなどが不足していたよ」と指摘している。

さらに「華麗な選手というのは、確かにそのクオリティから期待するものではあるが、あくまでそれはテクニック上の話。それを実際にピッチで目にしてこそのものだよ」との考えを強調。チームとして「どろくさい仕事」への用意がなく、「それを克服していくための尺度というものが求められるものだが、それを我々は持ち合わせていなかったよ」と言葉を続けた。

なおハーフタイムではマルコ・ロイスとマリオ・ゲッツェの主力2選手を早々に下げる決断を下したが、ロイスについては「内転筋付近に問題を抱えた」ための交代であった一方、ゲッツェについてはまるで異なる理由だったことが明かされている。

「マリオは我々が期待していたものをまったくみせていなかった。ラインどりにしても、ポジショニングにしても、ボールを深い位置に入れていくということにしてもね。相手DFの裏を突くような動きはまったくみられなかった」とシュテーガー監督は批判。

さらに「もしも我々が試みたいと考えていることを、全く実践するつもりがないのであれば、ほかの選手にそのチャンスを与えるまでだ」と理由について説明した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報