ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 決定的なチャンスを一つも作ることができずに敗れたスイス代表戦後、MF香川真司(ドルトムント)が攻撃面での課題を口にした。

 日本代表は8日に国際親善試合でスイス代表と対戦。前半終了間際にPKで先制を許すと、82分にカウンターから追加点を奪われ、0-2で敗戦を喫した。

 ベンチから「チームとしてどこでスピードアップするのか、というのを持てていなかった」と戦況を分析していた香川は76分からピッチに立ったが、ゴールを生み出すことはできなかった。原因は、チーム全体が同じイメージを持つことができなかったことにあるという。

「チームとして共通意識を持つ必要があると思います。結局、シュートはペナルティエリア外からがほとんどで、それではなかなか入らない。そう考えるとバイタルエリアに入り込んでいかなきゃいけない。後ろで回すことは可能だと思いますけど、どこまで入っていけるかっていうのをチームとして持たないと。ただ単にクロスからじゃ、結局チャンスにはなっていないわけで、もっと(バイタルに)走り込んだり、そういうものは必要になってくると思います」

 ただ、課題が浮き彫りになったのは収穫だろう。また、プレーした15分間の中で得たものもあった。「全体的に後ろからのボール回しはそこまで悪くなかったと思っているので、あとはバイタルの中で止まって受けるのではなく、誰が走り込んで受けられるか、スピードを上げていけるのか。そういう手応えは15分の中でも感じていたので、あとは最後の細かいところを合わせていければ」と、香川の頭の中では解決策も浮かんでいる。

 一方で気になるのはコンディションだ。足首の負傷による長期離脱からの復帰を果たして2018 FIFAワールドカップ ロシアのメンバー入りを掴んだものの、ここまで先発出場はない。

 それでも「個人的には悪くない」と言い切った香川は、「次の試合があるので、個人的には90分やり切りたい。僕の中ではやれると思っているし、そのための調整をしてきました」と、12日に控えるパラグアイ代表戦での完全復活を見据えている。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報