ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月13日

昨年10月以来のゴールを決めた香川真司「あのイメージは自信になる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は12日にパラグアイ代表と対戦し、最終スコア4-2で勝利した。先発フル出場した香川真司が試合を振り返っている。

「90分通してやり続けていこうと話していたので、最後に結果を出せて非常に自信になりました。後半はチームとしてギアを上げて、なおかつ守備の局面においてもアグレッシブにプレーできた。それが攻撃につながったと思います。これを忘れずに次の試合に向けて準備して行きたいです」

 途中から岡崎慎司と2トップを組む形となり、前線からプレッシャーをかけ守備でも奮闘した。

「僕と岡ちゃん以外にもチームとして前向きに、重心を前にして守備に行けていたからこそいい守備ができた。次の試合に向けて、この気持ちを忘れずに準備します」

 そして、昨年10月のハイチ戦以来となるゴールを決めた喜びを語っている。

「その前にたくさんチャンスを外していたので、あのイメージを持てたことは自信になります。あくまで次が本番なので、そこに向けてしっかり準備していきます」


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報