ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月19日

緊迫のPKも「冷静に」…先制点の香川真司「うまくGKのタイミングを外した」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が19日に行われ、日本代表は2-1で勝利を収め、大会白星スタートを切った。

 開始6分に先制点となるPKを決めた香川真司は試合後、「しっかりと冷静に蹴ることができた。うまくGKのタイミングを外すことだけど考えて、練習でやってきたことができてよかったです」とゴールシーンを振り返った。

 次戦は24日のセネガル代表戦。「自分たちの力、チームを信じた結果がつながった。切り替えて2戦目に向けて集中していきたいです。まだ何も成し遂げていないので、明日からいいリカバリーをして次の試合に備えたいです」と早くも気持ちを切り替えている。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報