ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月03日

ベスト8にはあと一歩届かず…香川真司「新しい歴史を刻みたかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は2日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。原口元気と乾貴士のゴールで2点を先行したものの、3失点を喫し逆転負け。今大会はベスト16となった。

 先発フル出場を果たした香川真司は「この現実を受け止めるしかないです」とコメント。「監督が替わって厳しい戦いが予想された中、チーム一丸となって今日までやってこれました。だからこそ次に行きたかったですけど、壁の大きさを実感しました。今はこの結果を受け止めるしかないです」と振り返った。

「次に行きたかったですし、その可能性が非常にあるチームでした。たくさんの声援を受けていましたし、このチームと新しい歴史を刻みたかったですが、それが叶わず非常に悔しいです」

「この結果は必ず自分たちにとって意味があること。しっかりと次につなげられるようにやっていきたいと思います」と前を向いた。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報