ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月20日

ボルシア・ドルトムントが米国ツアー開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドルトムント一行をのせたチャーター機は、アメリカ時間の水曜午後に予定通り到着。シカゴのオヘア空港へと降り立った。ただ実際に飛行機から降りるための階段の準備ができたのは1時間後のことで、夕方にはJ.パーカーにて歓迎のレセプションも催されている。

 なお今回の遠征では、内転筋に問題を抱えるユリアン・ヴァイグルが不参加。またW杯に出場していたマルコ・ロイスウカシュ・ピシュチェク、そしてアクラフ・ハキミについては、金曜日にシカゴでの合流が見込まれている。

 ただいずれの選手についても、今回のツアー中に行われるテストマッチでは出場は見合わされることになり、徐々に負荷を高めていく予定だ。

 なおそのW杯参加を果たせなかったマリオ・ゲッツェが、筋肉系の問題により個人練習が続いていたものの木曜日から復帰。チームメイトらと共にシカゴのソルジャー・フィールドにて汗を流し、その夜のプレスカンファレンスにも出席した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報