ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月06日

ドルトムントに合流のベルギー代表ヴィツェル「ハッピーな気持ちでいっぱい」

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アクセル・ヴィツェルが月曜午後、ボルシア・ドルトムントが夏季合宿を行なっているスイスのバート・ラガツへと姿をみせた。これまでの度重なる交渉の末にドルトムントは日曜、天津権健から同選手を移籍金2000万ユーロを投じて2022年までの契約で獲得することに成功。

 ミヒャエル・ツォルクSDは「数ヶ月に渡り、アクセル・ヴィツェルの獲得に強い関心を持っていた。そして彼が加入を決断してくれたことをとても嬉しく思うよ。ドルトムントの中盤において戦術理解度と対人戦での強さ、そしてスピードや想像力、メンタリティなどをもたらしてくれる能力をもった選手だ」と、獲得に至った理由について説明。

 一方で今夏にロシアで行われたW杯で3位と飛躍を遂げたベルギー代表において、その中盤を支えた29才のMFは「ワールドカップ後に、僕の中では中国からヨーロッパへと戻ることは1つの目標となっていた。これからドルトムントの一員としてプレーできるのを誇りに思うし、とてもハッピーな気持ちでいっぱいだよ。最初の話し合いの後でドルトムントが、僕にとって欧州大陸の中でベストオプションであることに大して悩む必要はなかった。正直いって、8万1000人のファンたちの前でプレーするその時が待ちきれないよ」と喜びを述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報