ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月15日

ドルトムント、今季最初の公式戦フュルト戦の布陣は?

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントにとって週末に行われる今季最初の公式戦、ドイツ杯初戦の相手フュルトは、昨季2部15位のクラブであり実質的に1回戦の組み合わせで考えるなかで、最も強敵となる相手でもある。

 加えてすでにブンデス2部ではシーズンの開幕を迎えており、初戦のザントハウゼン戦では3−1で勝利。つづくインゴルシュタット戦では1−1と、2試合を終えているところだ。そのため警戒して臨むドルトムントだが、開始直後から集中して試合に臨むことだろう。

 これからフュルト戦にむけてファヴレ監督は、フィジカル面でのフレッシュさを取り戻しつつ、戦術面にさらに磨きをかけていくことも目標となる。そのなかでのテーマとして、攻守のバランスを見出すことがあげられるのだが、4−3−3システムを採用したチューリヒとナポリ戦では共に3失点を喫するも、先日のラツィオ戦では4−2−3−1システムで守備陣は安定感を増しており、そのためこの試合でもデラニーとダフードが、ダブルボランチを形成して4バックの前で構える可能性がある。

 またオフェンスの4枚についてはプリシッチ、ゲッツェ、ロイス、そして今夏のウィナーとしてあげられるブルーン・ラーセンの起用が考えられ、また先日移籍金2000万ユーロで加入したヴィツェルについては、まだ練習での遅れを取り戻しているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報