ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月20日

ドルトムントがリヴァプールのFWオリジに関心か

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 リヴァプール・エコー紙が伝えたところによれば、ボルシア・ドルトムントの獲得希望選手の中に、FCリヴァプール所属のディヴォック・オリジの名前が含まれているという。

 23才のベルギー人FWは、2014年に仏1部リールから加入し、これまで77試合に出場して21得点をマークするもの、昨シーズンは出場機会を求めてヴォルフスブルクへとレンタル移籍。しかしそこではわずか6得点2アシストにとどまり(kicker採点平均4.18)、現在も定位置争いの中で非常に厳しい状況へと置かれているところだ。

 そんな同選手に対しては、先日ミドルスブラからの関心も伝えられており、その際にリヴァプール側が求めた金額として2200万ポンドが伝えられている。

 かつてドルトムントで長年にわたり指揮をとった、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、オリジ放出の用意はあるものの安売りする考えはなく、「うちは別にお金の必要に駆られているわけでは無い」との考えを強調した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報