ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月08日

ドルトムント、エメル・トプラクが負傷離脱

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンはいまだ公式戦での出場機会がないエメル・トプラクだが、これからしばらくの間、離脱を余儀なくされることが所属するボルシア・ドルトムントより発表された。

 同選手は先日、同じく今季まだ開幕から出場機会のない香川真司や、マリオ・ゲッツェらと共にオスナブリュックとのテストマッチで先発出場。そこで香川やゲッツェはアシストをマークするなどアピールに成功した一方で、トプラクは「大腿筋に筋損傷を抱えた」ために、「しばらくの間、離脱する」ことになるという。

 トルコ代表として27試合の出場経験をもち、昨夏にバイヤー・レヴァークーゼンからドルトムントに加入したベテランCBは、昨季リーグ戦26試合に出場して2アシスト。ただ今冬にはバーゼルからマヌエル・アカンジ、そして今夏にはマインツからアブドゥ・ディアロを獲得しており、今夏には移籍の可能性も指摘されていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報