ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月14日

復帰が間近に迫る、絶好調男ブルーン・ラーセン

Borussia Dortmund
ボルシア・ドルトムント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏よりルシアン・ファヴレ新体制で再スタートを切ったボルシア・ドルトムント。その準備期間において、まさにウィナーとなったのが、昨季シュトゥットガルトへとレンタル移籍していた、ヤコブ・ブルーン・ラーセンだ。

 そのシュトゥットガルトでマネージャーを務めるミヒャエル・レシュケ氏は、同選手の完全移籍での獲得を目指すほど高い評価を行なっており、今夏のテストマッチにおいてラーセンはゴールを量産。一躍、ドルトムントの先発候補にまで名前を上げた。

 だがその後に足を負傷したため、これまで公式戦ではいまだ未出場のラーセンではあるが、先日行われた3部オスナブリュックとのテストマッチでは、再び4得点をあげる活躍をみせており、休暇先でライブ動画をチェックしていたミヒャエル・ツォルクSDは「非常に効果的にプレーしていた」とその得点力に加え、「チームのためにプレーしていた」と精力性についても評価。

 ただ発熱を抱えたために、ファヴレ監督は金曜日のフランクフルト戦での起用について明言を避けたが、しかしながら間も無くして19才のデンマーク人MFへアピールの機会が巡ってくることは確実視できるものではあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報