ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月08日

ザンブラーノは軽いランニング

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

zam800-1452161664


確かに前半戦終盤では、筋肉に負傷を抱えていたカルロス・ザンブラーノ。しかし冬季休暇が明け、キャンプインした現在、いまだ軽いランニングにとどまっていることは驚きである。


フェー監督は「彼はしっかりと休暇中にも取り組んでいたのかはわからないね」とコメント。ペルー代表CBはこれまでにも、母国に戻ってオーバーウェイトで復帰し取り組み直さなくてはならなかった過去がある。


フェー監督は「どれくらい時間がかかるのか見てみないと」と語った。


なおこの日はザンブラーノとともに、筋肉の問題によりゲレツギーアも軽い練習を行っている。




フェー監督「読まれにくくなった」


veh-huszti800-1452170268


後半戦に向けてフェー監督は「方向転換をするよ」とコメント。軌道修正のために守備的に臨む場面もあったが「しかしそれは1試合しか成功していない」と振り返った。


今オフでは攻撃陣の補強を行ったフランクフルトだが、フェー監督は「これで相手に読まれにくくなったし、フレキシブルになったね」と手応えを口にしており、システムについては「中盤をひし形にすることもできるが、今は頭にはない」とコメント、より4−2−3−1システムのことを考えている。


なおそのシステムでウィングを務めるシュテファン・アイグナーについては「長期間フィットネス面で苦労した。彼にはダイナミズムが大事で、それがなくては問題を抱えてしまうんだ」との考えを示し、前半戦最終節で得点を挙げたことが「メンタル面で重要だった」との見方を語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報