Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月14日

厳しい状況にあるフランクフルトの若手たち

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

waldschmidt8-1452688436


今季の前半戦で出場の機会を得ていた若手、FWルカ・ヴァルトシュミット、CBダヴィド・キンソンビ、そしてMFジョエル・ゲレツギーア。しかし今冬にフランクフルトは、FWファビアン、CBカーン・アイハン、そしてMFサボルチ・フスティを獲得したところだ。


そこでヒュブナーSDも「出場のチャンスは少ない」との考えを示しており、実戦経験を積むためレンタルを模索することは、理にかなった対策だと言える。


すでにコンタクトがあることを同SDは明かしているが、「出場機会が約束されること」が条件となることも強調した。


ただしフランクフルトではFWのカステニョスとセフェロヴィッチが負傷を抱えており、前半戦でも多くの負傷者を抱えAユースから呼び寄せたこともあることから、ヴァルトシュミットに関してはレンタルする余裕はまだない。


その一方でキンソンビとの契約は今季いっぱいまでとなっていることから、もしも同選手とレンタルするならば、まずはフランクフルトは契約の延長を締結する必要がある。




部分的無観客処分も?


スクリーンショット 2016-01-13 18.42.46


水曜日にDFB監理委員会のメンバーと会ったフィリップ・レシュケ氏は「後半戦開幕前に、1つの判断が下される可能性がある」ことを明かした。


昨年の夏と同様、ファンによる不適切な行動4件で処分を受けるフランクフルト。ただ昨夏3万5000ユーロほど簡単にはいかないようだ。kickerが得た情報によれば現在、部分的無観客処分についても話し合われている模様。


第15節で行われたダルムシュタットとのダービーにて、ファンがピッチに流れ込むなど騒動が起こっており、さらにポカールのアウエ戦でも火器類の使用などのも問題が起こっていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker