Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月24日

試合前コメント:フスティフスティのクオリティに期待

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dienstag 12 01 2016 Saison 2015 2016 Trainingslager BVB in Dubai Testspiel BV Borussia Dortmund


果たしてアルミン・フェー監督は、日曜日に行われるヴォルフスブルク戦でどのようなシステムを採用してくるのだろうか?キャンプ中には4−2−3−1を採用しての攻撃サッカーも示唆しており、中盤をひし形に組むスタイルでは第9節に完敗しているが、しかし練習試合では2回連続で、そのシステムを採用する姿が見受けられた。


そのシステムを採用するのであれば、アイグナーをはじめとするウィンガーではなく、CMFをサイドに配置することになり、またヴォルフスブルクにはドラクスラーやカリジュリなどのサイドアタッカーに対して、長谷部やオチプカが対応に追われることになるだろう。


もしくは4−2−3−1システムの採用も考えられる。ただこれまでで奇妙なことは、左サイドの補強として獲得したはずのファビアンとフスティが、いずれのシステムにしても左サイドではなく、CMF、トップ、右サイド、トップ下などでプレーをしている姿が見受けられているということだ。


そのフスティにはファンからは異論の声もあがったが、フェー監督は「彼は豊富な経験とクオリティをもたらしてくれる。確実に助けとなるよ」とコメント。「セットプレーにさらにオプションが増した」とも述べている。


ハノーファー時代には132試合で36得点42アシストをマークしたMFは、そのうち14回のCKと14回のFKで得点に絡んでおり、一方でフランクフルトは前半戦、セットプレーで4得点に終わっていることからも、フスティの持つセットプレーでのクオリティにも期待したいところだ。



試合前コメント:vsヴォルフスブルク

 

監督:アルミン・フェー
… 強豪ヴォルフスブルク戦に向けて
我々はリスクをある程度かけた試合では、いい戦いを見せているのだ。前半戦では、あまりに得点チャンスが少なかったよ。ヴォルフスブルク戦に対しては、バイエルンやドルトムント戦のときのように、あそこまで下がることは決してない。それは確かだよ。


… 練習では中盤をひし形に
公開練習では、相手チームが視察にも訪れている。だからそこで採用したものを必ず使うというわけでもないさ。


… ルスはボランチに?
彼は空中戦での強さがあり、他の候補者のなかでも特に守備的に考える選手だ。


… ヴォルフスブルク時代には早く解任された経験が
ヴォルフスブルクは常に高いプロフェッショナリズムをもって取り組んでいる。私はあのクラブの人々とうまくつきあっていたよ。そしてヘーネス氏もその後に苦境を経験しているんだ。これもサッカーの仕事の1つ。我々は今でもなかが良いよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker