ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月06日

長谷部のフランクフルト、フェー監督を解任

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

veh800-1457201459

アイントラハト・フランクフルトは日曜午前、役員会と相談役会による集中的な話し合いの結果、アルミン・フェー監督を解任することを決断したことを発表した。


まずはライナー・ガイヤーACが練習で指揮を執ることとなり、フランクフルトは近く後任について決断を下すことになる。


2011年に当時2部にあったフランクフルトの監督に就任した際には、1年で1部返り咲きを果たし、翌シーズンには昇格組ながらヨーロッパリーグ出場権を獲得するという、快挙も成し遂げた。インゴルシュタット戦後に、主将代理を務めたマルコ・ルスは「アルミン・フェーとともに、この苦境から抜け出せると確信している」と支持する考えを強調。


しかしここまでフランクフルトは5勝9分11敗、今回のインゴルシュタット戦でのドローにより、最近では7戦未勝利が続いている。


ヘリベルト・ブルーフハーゲンCEOは、今回の判断について以下のようにコメント。


「今回の解任は、我々にとって非常に難しい判断だった。アルミン・フェー氏は、最後まで我々からの信頼を得ていたんだ。しかし我々としては監督交代を通じて、1部残留に向けてチームに対し、重要な刺激をもたらしたいと考えている。アイントラハト・フランクフルトは、アルミン・フェー氏の尽力に感謝の気持ちを伝えたい」


さらに、日曜日に行われた会見にて同氏は「近く新たに監督を招聘したい」とし、次節のグラードバッハ戦を照準に入れていること、そして火消し役だけでなく長期的に指揮を委ねられる人選を行いたいとの考えも明かした。




写真でみる:アルミン・フェー

Armin Veh (FC Augsburg)